公開02.11.22
ホームページへ
カウンター開始:03.1.7
最終更新:17.6.20
アクセスカウンター

 HP通信NO.454/2017.6.20


                  

 6月11日は「葛飾区・合唱祭」にコールベルが出演しました。
曲目は「茜の空に」。
 団員は現在19名。
私が市川市を訪れるようになったのは22年前になります。
 私が唯一常任で指揮している合唱団です。
22年前というと私は40才を少し過ぎた頃、というと皆さんも若かった、ということです。
 上の写真をご覧いたただくとお分かりのように皆さん「今でも、若い!」。

 私のお隣がピアノ伴奏の黒河内さん。
黒河内さんはご自身でも合唱団を指導している方で、前任のピアニストが転居した際に、私が「乞うて」伴奏をお願いしました。
 月2回の練習なのですが、私が様々な行事で練習に参加できない時は指導もお願いしています。

 コールベルを始めたきっかけは、お付き合いのあった、市川近辺のある合唱団が解散した事から始まります。
当時の私は客演指揮などの機会が少しずつ増え、自身でも自分なりのメソードを考えていた時期になります。
 そういう流れから「私でよかったら」ということで、解散したその団体の有志で発足したのがコールベルです。
当初は10人に満たないメンバーでした。

 コールベルでは、いろいろな曲に取り組むつもりでいたものの、皆さん「私の曲を歌いたい」ということからいつの間にか私の作品が中心になりました。
私としては「たまに違う曲をやりましょうよ」と時折提案するも、いつも却下され、いつしか「鈴木作品を歌う」合唱団となりました。
 私としては嬉しいことです。
コールベルのために「43のエチュード」を作り、またオリジナルの作品も大分作りました。
 そのお陰で「女声合唱」の書き方も随分修練を積ませていただきました。
たとえば高音は「五線紙をはみ出さない」音域を書くようになりました。

 私は客演指揮も結構機会が多いのですが、合唱講習会などで指揮をすることがよくあります。
指揮の上でもコールベルでの経験が貴重なものになっています。
 ですので合唱祭の講評でも比較的具体的に書く事ができるようになりました。  

 合唱にとって難点のひとつはピッチです。
どうしても音程が下がり気味になる。
 しかし指揮のやりようによってそれは容易に解決できるものです。
私自身、とくに「発声の勉強」をした事はありませんが、実際の経験から多くの事を学びました。


 普段は部屋の中で悶々と作曲しているものですから、指揮の「お声」がかかると嬉々とします。
私は指揮が大変好きなのです。

 今回コールベルの事を書きました。
少し「持ち上げ過ぎ?」。
 しかし普段の練習では誉めることが少ないので、たまにはこうして書かせていただくことも「良し」としましょう。
20年以上のお付き合い、というのは人生でのかかわり合いも深いものがあります。
 そういうお付き合いをさせていただいているという事は幸せなことだと思っています。


 一昨日の18日は静岡県の合唱祭の講師を務めてまいりました。
静岡合唱連盟の役員の先生方とは永いお付き合いになります。
 打ち上げではおいしい「お酒」をご馳走になりました。
あまり楽しくてつい写真を撮るのを忘れました。
 ご紹介できずに残念でした。


 またこれからあちらこちらに出かけます。
いろいろな方にお目にかかるのも楽しいものです。
 ここでもまたその様子をご紹介したいと思っています。

 これから本格的な梅雨に入るのでしょうか。
梅雨の晴れ間をいつものように散歩して楽しみたいと思います。
 それではみなさま御機嫌よう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 蕗子さんが代表で主催する「モードプラス音楽教室」の「サマーぷちコンサート」が6月10日に江東区・森下で行われました。
私は「相談役」になっています。
 最後に全員合唱で「手話」を入れた「平和という果実」を総勢100名の子供たちと歌いました。


           

                   <モードプラスのホームページ>→http://www.modepluspf.com/blank
                   <フェイスブック>→https://m.facebook.com/modepluspf/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                                <近刊のお知らせ>



                      

 
                        
                             
       
 ところで下記のように「鈴木憲夫作品を歌う合唱団」を紹介していますが、現在、月に2度の練習、10数人で活動しています。
とても熱心に練習に励んでおられるようです。
 指揮者は伊澤俊雄さん、元「ひびとも」の指揮者です。
私も時折、顔を出すつもりでいます。
 ピアノは蕗子さん。
関心のある方、どうか宜しかったらお仲間に入りませんか。

「鈴木憲夫作品を歌う合唱団」の様子はこちらをご覧下さい。http://www.facebook.com/snchorus/
上のfacebookで、早速、参加者からの情報が寄せられています。併せてご覧下さい。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              

     日立市民混声合唱団さんのHPで私の結婚を祝う動画を作って下さいました。「10.30 おめでとうございます」
  先日のハンガリー・ウィーン演奏ツアーに、合唱団有志が参加して下さった関係で、ウィーンの街中の動画も併せて紹介されてあります。
             バックの音楽は日立市民混声合唱団の演奏による「平和という果実」です。
                 https://www.youtube.com/watch?v=gLrQBRsw2z4
                      


                       メールはこちらまで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                            音楽ほほえみ基金制作
平和という果実

                             B5版、見開き4ページ
 
 この作品はカワイ出版より「同声二部」「混声三部」として既刊されてありますが、此の度のものはピースです。
このピースではコードネームがついてあるだけのシンプルなものです。伴奏譜もあります。 
  
定価は一部「150円」です。 
 ただし「会場の皆さんとご一緒に」という機会をいただくのでしたらその分の楽譜代はいただきません。
「音楽ほほえみ基金」で無料で配布させていただきます。

村田さち子先生に英訳をしていただきました。
 思いは「世界へ」です。
どうか関心のおありの方はお問い合わせ下さい。 
 楽譜は一部でもお送りします。(一部の場合は定価150円+送料120円=270円、伴奏譜もご希望の際は計500円になります。伴奏譜のみは300円とさせていただいています。
代金のお支払いは郵便振替用紙を同封いたしますので、それをご利用下さい)

その他問い合わせ、お申し込みはこちらにどうぞ。→音楽ほほえみ基金
 
 この表紙のイラストは婚約者の和田蕗子さんのお父様の作、そして題字はこの作品の作詞者そしてお母様の金子静江先生の作。
家族総出となりました。



           
                          クイックすると歌詞表を見る事ができます。


 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音楽ほほえみ基金」制作の「日本・こころのうた」の寄贈活動また販売活動がここしばらくの間、滞っておりました。
改めてご案内させていただきます。 
 定価「1.780円」。 
少しでも多くの方の耳に心にお届けしたいものと思っています。
                                 
                     
                       お申し込みはこちまで→

 また寄贈についてのご協力もお願いいたします。
ご関心のある方は「寄贈に関する要項」をお読み下さい。


                                                                          
                        

 
 プロフィール/年譜
 全作品リスト
 出版リスト
 新刊案内
 談話室
 エッセイ
 作品について
 校歌・編曲等
 ベルウッドの森


・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年はお休みしました。
「HP通信1→2005年」
「HP通信2→2006年」
「HP通信3→2008年
「HP通信4→2009年」
「HP通信5→2010年」
「HP通信6→2011年」
「HP通信7→2012年」
「HP通信8→2013年」
「HP通信9→2014年」
「HP通信10→2015」
「HP通信11→2016」
ウイーン・オペラ座でのリハーサル風景。
          11年/8.25
CD/日本こころのうた
     好評発売中!
                 1.780円
お申し込みはこちまで→
 般若心経の画像が出来ました。
制作はこのHPでも度々登場して
いる故威(タケ)成一君です。(下をクリックしてご覧下さい。)
  動画「般若心経」

楽譜申し込みはこちら→
2009年
ウイーン・パリ写真集
07年「日本・チェコ親善演奏会」写真集
   
       スメタナホール
 ↑クイックすると「プラハ公演」のホームページに入ります。
     試聴コーナー


これまでここで<試聴>のご案内をしていましたが、最近、You Tubeでいろいろ紹介されていますので、個別にここで曲名とそのアドレスを挙げることはご容赦下さい。

You Tubeで「すずきのりお」と検索するか、個別に「曲名」を検索すると試聴することができます。