公開02.11.22
ホームページへ
カウンター開始:03.1.7
最終更新:16.9.30

 
                                                

              HP通信11(2016年)
                  ○HP通信10(2015年)
                  ○HP通信9(2014年

                  ○
HP通信8(2013年)
               ○
HP通信7(2012年)
        
○HP通信6(2011年) ○10年HP通信No5 09年HP通信No.4  
          
08年HP通信No.3 ○06年HP通信No.2 ○03〜05年HP通信No.1

 Profile/年譜 全作品リスト  出版・著作・CDリスト お知らせ板 

    談話室   試聴室(随時更新)  ー仲良しー合唱団紹介

         作品について    コンサート/催しもの情報  

             リンク集  更新記録 

                
ベルウッドの森(随時更新)
                 
   コール・ベル/ホームページ

   
           

      メールはこちらへ

  Copyright(c) 2002 Norio SUZUKI.All Rights Reserved.
  
無断にての転用、転載はご遠慮下さい。

   動作確認ブラウザ Internet Explorer 6
         モニタサイズ 800×600以上推奨

ウイーン・オペラ座でのリハーサル風景。
          11年/8.25
CD/日本こころのうた
     好評発売中!
                 1.780円
お申し込みはこちまで→
 般若心経の画像が出来ました。
制作はこのHPでも度々登場して
いる威(タケ)成一君です。(下をクリックしてご覧下さい。)
  動画「般若心経」
上をクリックして見られない時は下のダ
ウンロードページからダウンロードをし
て下さい。

http://kavesama.com/
shingyo/downlord.htm

楽譜申し込みはこちら→
2009年
ウイーン・パリ写真集
07年「日本・チェコ親善演奏会」写真集
     スメタナホール
 ↑クイックすると「プラハ公演」のホームページに入ります。
     試聴コーナー


これまでここで<試聴>のご案内をしていましたが、最近、You Tubeでいろいろ紹介されていますので、個別にここで曲名とそのアドレスを挙げることはご容赦下さい。

You Tubeで「すずきのりお」と検索するか、個別に「曲名」を検索すると試聴することができます。








 HP通信NO.429/2016.9.30


 此の度のNiftyのホームページサービスの移行で(9/29から新しいサービスに移行)、一事、その対応に追われましたが無事に移行できたようでホっとしております。
このホームページを立ち上げてから13年8ケ月が経ちました。
 私がこのホームページを始めた頃はまだ「個人」のもの、しかも手作り(今でも当時のままです。)、はかなり少ない状況でした。
それが今ではブログをはじめとする、個人の発信の場は溢れるほどです。

 
もし今回(移行が)駄目だったら、新しくやり直すのも「面倒だし」、「もういいっかっ」とも思っていたところでした。
思い切ってホームページを打ち切ろうとさえ思っていたのでした。
 時代逆行の思考です。
これは「一線」から身を引くということでも「籠る」ということでもなく、
ある意味、世の喧噪からしばし距離を置く、そういう「ライフスタイル」も良いかな、と思ったことでもあります。
 しかし、こうしてしばらく続けられる内は継続してやって行こうと思いを新たにしているところです。

 
人は情報が多すぎると「道」に迷います。
迷わないための情報という考え方もありますが、それは一刹那のことです。
 普段の生活上では情報があればその分、たしかに便利で楽です。
しかしどうでもよい情報までもが身の回りにクモの巣のように張りめぐらされると動きがとれなくなります。
 中国の昔、春秋時代の「泰」の国では、人民を拘束する法律がこと細かに多く成立しました。
それでどうなったかと言えば、それで国が滅びました。
 古代ローマもそうです。

 
情報、規約、法律、が多くなり複雑になればなるほど、却って滞り不便になります。 
便利な事が進化・文化的、と思うのは実は錯覚なのです。
 何かが欠如しているのに気付かない。
気がついたら、大事なものをなくしている。
 モノは取り戻すことはできる、けれど、それに関わる時間、その分の人生が欠けてしまう。
それに気がつかない「怖さ」、それは大概、後になって思うことです。

 話は大変大きく変わりますが、「平和」ということもそうだと私は思うのです。 
歴史を鳥瞰(ちょうかん=眺めること)すると同じ歴史の繰り返しです。
 大きな戦争をすると人はそれで失ったものの大きさに反省をします。そして平和を唱える。
反省の時期が過ぎると人はまた戦争をしたがる。
 そしてまた反省をする、人間の歴史はそれの繰り返しであることに気付かされます。
その周期でいうと「今はどの時期」になるのでしょう。

 私のホームページの話題から「跳(と)んだ」話になりました。


 
8月から少しずつ仙台/利府の家の整理をし、荷物を鳩山に移すことをしていました。
今月になってそれがようやく落ち着きました。
 鳩山の家も大分様変わりをしました。
古い家具、書籍、その他をかなり処分しました。
 これまで納戸だったところを書庫にしました。
荷物置き場にしていた部屋も、スッキリさせました。
 鳩山に来て約10年、10年前の引っ越し以来そのままになっていたものも大分片付けました。

 仕事部屋には利府からグランドピアノを運び入れました。 
このピアノは私が22歳の時に購入し、一事、以前の与野市の住まいに置いたこともあります。それからまた利府へ。
 ですから仙台(当時は仙台市鶴ヶ谷)→利府→埼玉(与野市)→利府→埼玉(鳩山)と行き来をしたことになります。
私の作品の殆どをこのピアノは記憶していることになります。
 私の部屋の中で最も古いモノは机です。かなり大きな机です。
私が19歳のある日、突然、父親がトラックに積み込んできました。
 家具屋が火事になり、焼け残ったものを貰ってきたのだそうです。
「どうだ、デカくていいだろう!」・・・と、自慢げに私に言ったその父親の顔を忘れることが出来ません。
 そのピアノと机が今、私の部屋に並んで置いてあります。
道具とはいえども私とは「戦友」のような間柄です。
 新しい家具と、旧くからの愛着のある家具に今囲まれています。
それは今の私の生活の象徴のようなものです。
 最近、三ヶ月程滞っていた作曲も、スーっと出来そうな気分になってきました。
私にとりましては新生活、新世界の幕開けのような面持ちさえいたします。


 ハンガリー・ウィーンでの演奏会も間近になってきました。
これまでその準備にも追われていて、旅の支度はこれからです。
 ウィーンでの結婚式もあります。
今回は私たち、蕗子さんの長女のSさんとのダブル結婚式です。
 準備はすっかり二人に任せっきりにしていました。

 そろそろ身をいれないと後々肩身の狭い事にならぬように、と、「心」しているところです。


「鈴木憲夫作品を歌う合唱団」の様子はこちらをご覧下さい。http://www.facebook.com/snchorus/

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            音楽ほほえみ基金制作
平和という果実

                             B5版、見開き4ページ
が完成しました。 
 この作品はカワイ出版より「同声二部」「混声三部」として既刊されてありますが、此の度のものはピースです。
このピースではコードネームがついてあるだけのシンプルなものです。伴奏譜もあります。 
  
定価は一部「150円」です。 
 ただし「会場の皆さんとご一緒に」という機会をいただくのでしたらその分の楽譜代はいただきません。
「音楽ほほえみ基金」で無料で配布させていただきます。

村田さち子先生に英訳をしていただきました。
 思いは「世界へ」です。
どうか関心のおありの方はお問い合わせ下さい。 
 楽譜は一部でもお送りします。(一部の場合は定価150円+送料120円=270円、伴奏譜もご希望の際は計500円になります。伴奏譜のみは300円とさせていただいています。
代金のお支払いは郵便振替用紙を同封いたしますので、それをご利用下さい)

その他問い合わせ、お申し込みはこちらにどうぞ。→音楽ほほえみ基金
 
 この表紙のイラストは婚約者の和田蕗子さんのお父様の作、そして題字はこの作品の作詞者そしてお母様の金子静江先生の作。
家族総出となりました。



           
                          クイックすると歌詞表を見る事ができます。


 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音楽ほほえみ基金」制作の「日本・こころのうた」の寄贈活動また販売活動がここしばらくの間、滞っておりました。
改めてご案内させていただきます。 
 定価「1.780円」。 
少しでも多くの方の耳に心にお届けしたいものと思っています。
                                 

               
                       お申し込みはこちまで→

 また寄贈についてのご協力もお願いいたします。
ご関心のある方は「寄贈に関する要項」をお読み下さい。


                                 新刊
                    
混声合唱組曲
                  「愛を乞うひとたちへ」

                               2016年6月発売
                          定価(本体1.600+税)

                                           (クリックすると歌詞が見れます。)