公開02.11.22
ホームページへ
カウンター開始:03.1.7
最終更新:16.5.30

 
                                                

              HP通信11(2016年)
                  ○HP通信10(2015年)
                  ○HP通信9(2014年

                  ○
HP通信8(2013年)
               ○
HP通信7(2012年)
        
○HP通信6(2011年) ○10年HP通信No5 09年HP通信No.4  
          
08年HP通信No.3 ○06年HP通信No.2 ○03〜05年HP通信No.1

 Profile/年譜 全作品リスト  出版・著作・CDリスト お知らせ板 

    談話室   試聴室(随時更新)  ー仲良しー合唱団紹介

         作品について    コンサート/催しもの情報  

             リンク集  更新記録 

                
ベルウッドの森(随時更新)
                 
   コール・ベル/ホームページ

   
           

      メールはこちらへ

  Copyright(c) 2002 Norio SUZUKI.All Rights Reserved.
  
無断にての転用、転載はご遠慮下さい。

   動作確認ブラウザ Internet Explorer 6
         モニタサイズ 800×600以上推奨


ウイーン・オペラ座でのリハーサル風景。
          11年/8.25
CD/日本こころのうた
     好評発売中!
                 1.780円
お申し込みはこちまで→
 般若心経の画像が出来ました。
制作はこのHPでも度々登場して
いる威(タケ)成一君です。(下をクリックしてご覧下さい。)
  動画「般若心経」
上をクリックして見られない時は下のダ
ウンロードページからダウンロードをし
て下さい。

http://kavesama.com/
shingyo/downlord.htm

楽譜申し込みはこちら→
2009年
ウイーン・パリ写真集
07年「日本・チェコ親善演奏会」写真集
     スメタナホール
 ↑クイックすると「プラハ公演」のホームページに入ります。
     試聴コーナー


これまでここで<試聴>のご案内をしていましたが、最近、You Tubeでいろいろ紹介されていますので、個別にここで曲名とそのアドレスを挙げることはご容赦下さい。

You Tubeで「すずきのりお」と検索するか、個別に「曲名」を検索すると試聴することができます。









 HP通信NO.418/2016.5.30


 今年の夏は歴史的な暑さになるとか。
既にもう今頃から初夏日和の日が多くなってきています。
 今年も「観測史上初めて」というニュースを頻繁に見る事になるのでしょうか。


 20日〜22日は北秋田市におりました。

             
                        秋田声楽研究会合唱団の皆さんと。
                       私の左の方が主催者の三澤由美子先生。
          三澤先生とその妹さん(先生の後ろの列、先生の左側の青いスカーフの方)一昨年のバチカンに同行下さいました。
                   先生のご主人様も一番上、左に。現職の北秋田市教育長さんです。

 私の作品にいつも取り組んで下さり、今回も混声、女声作品といくつもの作品の講習会をいたしました。
秋田の人たちはおおらかで元気です。
 宴会も大盛り上がり。
秋田弁が何とも良いのです。

 前回伺ったときに「秋田音頭」の資料を頂き、私が強い関心を示したものですから、今回「秋田音頭」のCDを用意して下さいました。
「秋田音頭」と言っても私の興味は「裏・秋田音頭」。
地元の人でさえ、いわゆる「裏・秋田音頭」をあまり知りません。
 それが面白く、おかしく、家に持ち帰って一人でウケにウケて楽しんでました。 
何が面白いって、絶妙なテンポ・リズムに合わせた秋田弁のその歌詞。 
 それを活字にしたらきっとおおごとになります。ですが、歌となるとそれはそれは「楽しい!」。 
所々に世情への皮肉、そして卑猥な文句がちりばめられています。
 何ともおおらかな世界です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このところ訃報が続きました。
偶然にもその内のお二人は亡き父と同い年。
 最近は昔と比べて訃報というものに、心より悼む気持ちが増してきたように思います。
それは自身が経験してきたことだからです。
 よく「年を取ると涙もろくなる」と言いますが、それは多分に、人の心の痛み・悲しみが自身の経験と重なるからだろうと思います。
私は肩こり、腰痛が慢性なものですから、人の肩や腰をもむ時に「ツボ」がよく分かります。
 自身の痛みから分かるのです。それと似ています。 

 何も、実体験をせずとも私たちは文学、映画その他で追体験をすることができます。
結局「心の豊かさ」が問題になるのです。
「相手の身になって考える事ができる」、これは「心の豊かさ」からくるものです。 
さらに「相手の身になって考える」とは「想像力」です。
 最近の風潮としてどうなのでしょう。
「相手の身になる」とは人間、つまり「人と人の間」にとっては不可欠な要素。
これすらもし「死語」になったとしたら、愕然としてしまう事柄です。

 チャップリンの「ライムライト」の中でこういうセリフがあります。
「人生に必要な物は、勇気と想像力と(あと)ほんの少しのお金(かな?)」。

 この言葉をそっくりそのまま「政治家さん」に差し上げたいものです。


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音楽ほほえみ基金」制作の「日本・こころのうた」の寄贈活動また販売活動がここしばらくの間、滞っておりました。
改めてご案内させていただきます。 
 定価「1.780円」。 
少しでも多くの方の耳に心にお届けしたいものと思っています。
                                 

               
                       お申し込みはこちまで→

 また寄贈についてのご協力もお願いいたします。
ご関心のある方は「寄贈に関する要項」をお読み下さい。






                                 新刊
                    
混声合唱組曲
                  「愛を乞うひとたちへ」

                               2016年6月発売
                          定価(本体1.600+税)

                                           (クリックすると歌詞が見れます。)