公開02.11.22
ホームページへ
カウンター開始:03.1.7
最終更新:20.1.21
アクセスカウンター






 
 プロフィール/年譜
 全作品リスト
 出版リスト
 新刊案内
 談話室
 エッセイ
 作品について
 校歌・編曲等
 ベルウッドの森


・・・・・・・・・・・・・・・・・


「HP通信1→2003年No20〜100(05年)
「HP通信2→2005年、No.101〜147(07年)
 2007年はお休みしました。
「HP通信3→2008年」
「HP通信4→2009年」
「HP通信5→2010年」
「HP通信6→2011年」
「HP通信7→2012年」
「HP通信8→2013年」
「HP通信9→2014年」
「HP通信10→2015」
「HP通信11→2016」
「HP通信12→2017」
「HP通信13→2018」
「HP通信14→2019」
ウイーン・オペラ座でのリハーサル風景。
          11年/8.25
CD/日本こころのうた
     好評発売中!
                 1.780円
お申し込みはこちまで→
 般若心経の画像が出来ました。
制作はこのHPでも度々登場して
いる故威(タケ)成一君です。(下をクリックしてご覧下さい。)
  動画「般若心経」

楽譜申し込みはこちら→
2009年
ウイーン・パリ写真集
07年「日本・チェコ親善演奏会」写真集
   
       スメタナホール
 ↑クイックすると「プラハ公演」のホームページに入ります。
     試聴コーナー


これまでここで<試聴>のご案内をしていましたが、最近、You Tubeでいろいろ紹介されていますので、個別にここで曲名とそのアドレスを挙げることはご容赦下さい。

You Tubeで「すずきのりお」と検索するか、個別に「曲名」を検索すると試聴することができます。

  


 HP通信NO.544/2020.1.21

 先週の17日、昨年より入院加療中だった妻の父が93歳(数え年)で亡くなりました。
17日の朝、容態が急変し突然の訃報でした。
 私は正月は日光で過ごし、一旦帰宅し、13日に見舞いに行ったのが最後となりました。
その別れ際、珍しく握手を求めてきました。
 きっと予感でもあったのでしょうか。

 葬儀を終え昨日、日光より帰宅したところです。
義父は東京芸大美術科の前身「上野美術学校」の最後の卒業生でした。
 専攻は油絵、後にデザインに転向し事務所を作りそこで数々の仕事を残しました。

 私とは気心が通じ、よく絵画論議など芸術全般に亘り話したものです。 
私も美術は趣味といえるほど好きなものですから、義父の若かりし時代の話を聞く事が楽しみでした。
 日光にはたくさんの温泉があるのでよく一緒に行ったものです。
私は温泉は正直苦手で5分程湯に浸かると「もう良い」のですが、時に義父に付き合い長湯をしフラフラ〜としたことが何度もあります。
 最晩年に至るまで頭脳明晰、亡くなる1週間程前になって意識がやや混濁したものの、最後まで元気でした。
入院中でも「温泉にまた行きたい」、病院食に耐えきれずに江戸っ子ですので「浅草の○△○が食べたい」などと話したりしてました。
 車で日光にはよく通ったものです。
しかも最近は軽自動車ですので、高速が怖くて怖くて、少し大きな車に買い替えようとしていた矢先でした。

 人との別れほど辛いものはありません。
もう数えきれないほどの別れをしてきました。
 これからもっと増えて行くのでしょう。
そういう「慣れ」の延長上に「自身の死」というものがあるような気がします。

 義母の静江先生も93歳。
昔は演劇を志し後に詩人となりましたが、連れ添って60有余年、若い画家と役者志望の貧乏時代の話をよく聞いたものです。
 半世紀以上苦楽を共にしとても仲睦まじかっただけに、悲しみはいかばかりかと想像だにできません。
「平和という果実」「さくらんぼと麦わらぼうし」の続編をと、会えばいつも新作の話をしています。
 また元気に新しい作品を生み出して欲しいものと励まし期待するところです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 10月4日、ウィーン・シュテファン大聖堂での「レクイエム世界初演」の演奏会がバチカン放送(中国語放送)で紹介されています。
この放送は世界で聴かれているとのこと。
 30分放送ですが途中16分過ぎくらいで流れます。
先週、1.Intoroit et Kyrie が放送されました。
 今回は3.Sunctus 4.Pie Juse 5.Agnus Dei 6.Commniu が放送されます。

 https://www.vaticannews.va/zht/podcast/daily-chinese-news/chinese-programme-2019-11-29.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 来年、2020年に下記のような催しがあります。
団体の参加はもとより、個人での参加も可能です。
 個人で参加の際は私が合唱をまとめることになっています。
ご興味のある方、下記にお問い合わせ下さい。
       "maruo@mcec-inter.com>  

            
                                         

 今回はお知らせまで。

                 メールはこちらまで。


◎先日初演の「ふるさとの木の葉の駅」(坂村真民詩)の映像と音楽→https://youtu.be/Qm-Bm0qB6s4

◎鈴木憲夫作品を歌う合唱団のHP→https://snchorus.wixsite.com/mysite


                2018年7月新刊 無伴奏混声合唱曲【般若心経】
          
            
 
               
                   般若心経の動画(You Tube)→https://youtu.be/ankuFjhxjzM


 刊行を機に、「音楽ほほえみ基金事業」としてこの「般若心経」の指揮・指導・無料奉仕を実施することといたします。
交通費、宿泊が必要となる際はご負担いただきますが、その他、指導、指揮に関しては、まったく費用を頂戴しません。

 これを実行するには、こういう経緯がありました。
作品が出来た時に、Bell musica(私の個人事務所)より楽譜を刊行しました。
 そしてCDも発売しました。
それらの売り上げは全て「音楽ほほえみ基金」を創設するための基金に当てられました。
 そうして2009年に「音楽ほほえみ基金・事業」で「日本こころのうた」のCDを制作・発売するに至ったのです。
その収益は「全国の介護施設など」にCDを寄贈する事業費に当てられています。

                                 現在も発売中   
                               定価1.780円(税込み)
                    
                            楽譜もカワイ出版より刊行
                            お申し込みはこちまで→



 この「般若心経」の作曲から今、私が行っている「音楽ほほえみ基金」の事業が始まったのです。
此の度、それらの延長として「指揮の無料奉仕」を実施することになりました。
  指揮だけではなく「般若心経」に関するお話もさせていただきます。
以後、女声版・男声版の刊行が続く予定です。
Bell msica では女声版、男声版も刊行いたしました)


 般若心経の世界に触れたいと思われる皆さん、どうぞご遠慮なくお声をかけて下さい。
お尋ねはこちらまで→Bell musica 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ You Tube で最近、面白く興味ある動画を見つけました。私の「雨ニモマケズ」の中国版です。
  興味のある方、ご覧になって下さい。
 https://www.youtube.com/watch?v=J_HjvcMxFj0

★ 近刊の「さくらんぼと麦わらぼうし」の歌詞入りYou Tube もご覧下さい。→https://www.youtube.com/watch?v=alSWXnvUMho

     日立市民混声合唱団さんのHPで「私の結婚を祝う動画」を作って下さいました。「10.30 おめでとうございます」
  先日のハンガリー・ウィーン演奏ツアーに、合唱団有志が参加して下さった関係で、ウィーンの街中の動画も併せて紹介されてあります。
             バックの音楽は日立市民混声合唱団の演奏による「平和という果実」です。
                 https://www.youtube.com/watch?v=gLrQBRsw2z4

                                  メールはこちらまで。