公開02.11.22
ホームページへ
カウンター開始:03.1.7
最終更新:18.10.10
アクセスカウンター

 
 プロフィール/年譜
 全作品リスト
 出版リスト
 新刊案内
 談話室
 エッセイ
 作品について
 校歌・編曲等
 ベルウッドの森


・・・・・・・・・・・・・・・・・


「HP通信1→2003年No20〜100(05年)
「HP通信2→2005年、No.101〜147(07年)
 2007年はお休みしました。
「HP通信3→2008年」
「HP通信4→2009年」
「HP通信5→2010年」
「HP通信6→2011年」
「HP通信7→2012年」
「HP通信8→2013年」
「HP通信9→2014年」
「HP通信10→2015」
「HP通信11→2016」
「HP通信12→2017」
ウイーン・オペラ座でのリハーサル風景。
          11年/8.25
CD/日本こころのうた
     好評発売中!
                 1.780円
お申し込みはこちまで→
 般若心経の画像が出来ました。
制作はこのHPでも度々登場して
いる故威(タケ)成一君です。(下をクリックしてご覧下さい。)
  動画「般若心経」

楽譜申し込みはこちら→
2009年
ウイーン・パリ写真集
07年「日本・チェコ親善演奏会」写真集
   
       スメタナホール
 ↑クイックすると「プラハ公演」のホームページに入ります。
     試聴コーナー


これまでここで<試聴>のご案内をしていましたが、最近、You Tubeでいろいろ紹介されていますので、個別にここで曲名とそのアドレスを挙げることはご容赦下さい。

You Tubeで「すずきのりお」と検索するか、個別に「曲名」を検索すると試聴することができます。

  


 HP通信NO.500/2018.10.10

 
HP通信も気がつけば500回を迎えました。
自身でも驚いています。 
 あとどのくらい続けられるか。
まあ、自然体でこれからもやっていこうと思っています。

 先週、今週と演奏会が続きました。
まず10月6日は千葉県流山市での「女声合唱団さやの会・第七回定期演奏会」に伺いました。

                      
                        右、指揮者の黒河内あづささん、左がピアノの輿石陽子さん。打ち上げで。
 黒河内さんはコール・ベルのピアニストです。
その日は「レモン哀歌」が演奏されました。
 黒河内さんはこの曲の初演ピアニストでもあります。
私が都合で練習をお休みをする時は黒河内さんにコール・ベルの指導もお願いしています。
 コーラスの指導も出来、ピアノも上手、ということで、私のたっての願いでコール・ベルに来て頂きました。
この日の「さやの会」の演奏は素晴らしいものでした。
 とくに「レモン哀歌」の熟成度は見事、と言えるものでした。
この曲に取り組んでもう3年になるとか。
 皆さんの熱意がほとばしる名演でした。
コール・ベルの団員も多くかけつけ、客席で声援を送りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 翌日は山形に移動、山形市の隣の山辺町の「やまのべ女声合唱団」の演奏会に客演として指揮をいたしました。


                 

 どこからお話をしたらよいか、やまのべ女声の指揮者・吉田ユカリ先生とのご縁の深さもさることながら団員の皆様とも永いお付き合いになります。
今回は私の「さくらんぼと麦わらぼうし」「平和という果実」を指揮しました。ともに詩は義母の金子静江の詩です。
 静江先生は山形市の出身です。
先月、山形新聞で取材記事が掲載されました。
 今回はゲストとして静江先生も招(よ)んでいただきました。
「さくらんぼ〜」は妻の和田蕗子がピアノを弾きました。
 親子でのコンサート出演になりました。

 前日の7日の夜は静江先生を囲んで親戚が集いました。
東京からは義兄夫婦そして次女も日光市から義母の付き添いで手伝ってくれました。
 とても和やかな賑わいの時を持ちました。
静江先生は30年ぶりの古郷への来訪ということでした。
       

                  
                  前列、右が指揮者の吉田ユカリ先生、中央が静江先生(91歳)、左がピアノの大沼美紀さん、
                       後列左がソプラノの佐藤容子さん、私の隣がメゾの佐藤寛子さん姉妹。
                       お二人は「シュガーシスターズ」としてただ今売り出し、活躍中です。
                  来年のウィーン「レクエイム」の演奏会では容子さんがソプラノソロを引き受けて下さり、
                        シュガーシスターズの「ウィーンコンサート」も実現します。


 まずコンサートですが、超満員の中(やまのべ女声のコンサートはいつも超満員なのです)全国おかあさんコーラス大会にも常連で、
全国に名を知られた合唱団ならではの充実した演奏、吉田先生の音楽性が光る演奏でした。
 とにかく見事な演奏でした。
演奏会の中身もシュガーシスターズの演奏あり、そして吉田先生、静江先生、ワタシ、と三人でトークも交えるなど楽しく微笑ましい内容でした。
 静江先生は91歳とは思われない軽妙でしっかりしたお話ぶりで客席からたくさんの拍手をいただきました。

                  


 山形放送(TV)の取材もあり、インタビューで結構忙しかったようです。
書けば長くなるのですが、静江先生が子供時代、今や伝説的になりつつある「村山俊太郎」という教師との出会いがありました。
 今から80年前のことです。
当時にしては革新的な教育方針で、最近、そのご子息の士郎氏が「村山俊太郎 教育思想の形成と実践」という著書を発表されました。
 「村山先生」のことは、よく静江先生から聞かされていました。
あの「暗い時代」に教育に情熱と信念をもって生きてきた姿に、私ならずとも心を打つところがあります。


 それと今回の演奏会に、40年ぶりという再会が2つありました。
いずれも私の仙台時代を知る2人が突如目の前に現れたのでした。(お二人とも仙台から演奏会のためにかけつけてくれました、お二人は互いに知り合いではありません)
 40年という年月を経ても面影が残り、私をとても懐かしい思いにさせました。
ひとりは東北学院中・高・大の時の後輩A君。彼は仙台ではきっと有名人なのでしょう。
 シンガーソングライターで仙台のラジオ局で番組を持っているとのこと。
もうひとりは宮城教育大・音楽科の同級生のSさん。同級生といっても、私は宮城教育大のモグリの学生でした。
 ここでそのことを書き出すとキリがなさそうなので、また別の機会があれば書く事にしましょう。


 今回は上のように盛りだくさんの内容で、忙しくとも楽しく嬉しい山形での3日間でした。
帰る日の9日は金子家のお墓にも詣でました。

 もちろん、山形のおいしい蕎麦もいただきました・・・・・。
ついつい食べ過ぎたので、体重計に乗るのが「コワ〜イ」。
 しばらくは節制の日々となることでしょう。
それではまた。ごきげんよう!。


新刊案内

                                10月1日発行 
                     ・16P 定価 700円

                    


   

                          
                              クイックすると詳細が紹介されています。






◎先日初演の「ふるさとの木の葉の駅」(坂村真民詩)の映像と音楽→https://youtu.be/Qm-Bm0qB6s4

◎鈴木憲夫作品を歌う合唱団のHP→https://snchorus.wixsite.com/mysite


                 7月新刊 無伴奏混声合唱曲【般若心経】
          
            
 
                 
                     般若心経の動画(You Tube)→https://youtu.be/ankuFjhxjzM


 刊行を機に、「音楽ほほえみ基金事業」としてこの「般若心経」の指揮・指導・無料奉仕を実施することといたします。
交通費、宿泊が必要となる際はご負担いただきますが、その他、指導、指揮に関しては、まったく費用を頂戴しません。

 これを実行するには、こういう経緯がありました。
作品が出来た時に、Bell musica(私の個人事務所)より楽譜を刊行しました。
 そしてCDも発売しました。
それらの売り上げは全て「音楽ほほえみ基金」を創設するための基金に当てられました。
 そうして2009年に「音楽ほほえみ基金・事業」で「日本こころのうた」のCDを制作・発売するに至ったのです。
その収益は「全国の介護施設など」にCDを寄贈する事業費に当てられています。

                                 現在も発売中   
                               定価1.780円(税込み)
                    
                            楽譜もカワイ出版より刊行
                            お申し込みはこちまで→



 この「般若心経」の作曲から今、私が行っている「音楽ほほえみ基金」の事業が始まったのです。
此の度、それらの延長として「指揮の無料奉仕」を実施することになりました。
  指揮だけではなく「般若心経」に関するお話もさせていただきます。
以後、女声版・男声版の刊行が続く予定です。
Bell msica では女声版、男声版も刊行いたしました)


 般若心経の世界に触れたいと思われる皆さん、どうぞご遠慮なくお声をかけて下さい。
お尋ねはこちらまで→Bell musica 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ You Tube で最近、面白く興味ある動画を見つけました。私の「雨ニモマケズ」の中国版です。
  興味のある方、ご覧になって下さい。
 https://www.youtube.com/watch?v=J_HjvcMxFj0

★ 近刊の「さくらんぼと麦わらぼうし」の歌詞入りYou Tube もご覧下さい。→https://www.youtube.com/watch?v=alSWXnvUMho
                                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


          私が相談役を務める <モードプラスのホームページ>→http://www.modepluspf.com/blank
                    <フェイスブック>→https://m.facebook.com/modepluspf/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                                <新刊のお知らせ>

           

                    女声三部、混声三部、男声三部、ピース版で刊行されました。
                        素朴で静かな世界を背景に平和を願う歌です。 

                         3月1日発売。定価600円。
                  金子静江:詩 10P 

                         You Tubeで歌詞入りの映像観れます。 
                    https://www.youtube.com/watch?v=alSWXnvUMho
                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                             
       
 ところで下記のように「鈴木憲夫作品を歌う合唱団」を紹介していますが、現在、月に2度の練習、10数人で活動しています。
とても熱心に練習に励んでおられるようです。
 指揮者は伊澤俊雄さん、元「ひびとも」の指揮者です。
私も時折、顔を出すつもりでいます。
 ピアノは蕗子さん。
関心のある方、どうか宜しかったらお仲間に入りませんか。

「鈴木憲夫作品を歌う合唱団」の様子はこちらをご覧下さい。http://www.facebook.com/snchorus/
上のfacebookで、早速、参加者からの情報が寄せられています。併せてご覧下さい。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              

     日立市民混声合唱団さんのHPで「私の結婚を祝う動画」を作って下さいました。「10.30 おめでとうございます」
  先日のハンガリー・ウィーン演奏ツアーに、合唱団有志が参加して下さった関係で、ウィーンの街中の動画も併せて紹介されてあります。
             バックの音楽は日立市民混声合唱団の演奏による「平和という果実」です。
                 https://www.youtube.com/watch?v=gLrQBRsw2z4
                      


                       メールはこちらまで。